部署紹介

看護部概要

病院や入院棟の様子・部署の雰囲気をのぞいてみませんか?ぜひクリックしてみてください。
動画は5~6分程度です。その他、帯広の四季の移り変わりもご覧いただけます!

部署紹介

1F 救急科

当院救急科は2016年4月に新設されました。働くスタッフは中央処置室・内視鏡室・救急処置室を兼任し、CTやMRIなどの介助も行っています。現在、師長1名・副師長1名・職員11名・パート職員3名・看護助手1名の18名です。看護師経験年数が豊富なベテラン看護師が多く、来院される患者さんと、そのご家族に安心・安全な看護ケアを提供出来る様に、日々頑張っています。

また、迅速な医療を提供するために、救急科カンファレンスを行っています。医師とのコミュニケーションも良好で、活発な意見交換をしています。

患者支援センター

患者支援センターは、2017年12月に入退院支援センターを開設し、入院支援を開始しました。入院が決定した時点から患者・家族の方が安心して入院生活が送れように、入院に必要な書類や入院のしおりの説明と患者基本情報の聴取、支援が必要なリスクアセスメント等を行っています。入院前から退院後を見据えた関りが早期に行えるように、地域の包括支援センターやケアマネジャーとの連携を図っています

2018年4月には患者支援センターと名称を変更し、同年8月から本格的に退院調整を開始しました。

医療ソーシャルワーカーと退院調整看護師が各病棟を担当し、病棟看護師と協働して患者さんが、早期に住み慣れた地域での生活が安心して過ごせるように、多職種の方と連携して入院から退院までの支援を行っています。

1F 2F 外来

外来は16の診療科があり、1日約680人の患者さんの対応をさせていただいています。看護師、看護補助者、医療アシスタント、医療事務職員等が協力し合いながら患者さんに安全で安心できる治療・検査を受けていただけるよう努力しています。

また、限られた時間の中で看護部の理念でもある患者さんの小さな変化にも気付き、気持ちを察し寄り添える優しい気持ちを持てる看護の提供に努力しています。

看護師紹介

辻 幸

出産を経て、現在整形外科外来に勤務し2年が過ぎました。初めての育児と外来勤務、1年ほど現場から離れていたため大きな不安がありました。しかし、そんな不安はすぐに解消されました。子供の発熱で急遽休まなければいけない事があった際、いやな顔一つしないスタッフに恵まれたからです。また、もともと整形外科の病棟勤務だったこともあり、現在外来通院されている患者さんから「あのときは髪を洗ってくれてありがとう」「おなかをさすってくれてありがとう」と言葉をかけていただける場面がありました。看護実践が、このような形で返ってきたことが嬉しかったと同時に自分の行ってきた看護に自信を持つことにつながったからです。

受傷から入院までの経過や、退院後の自宅や施設での生活、スポーツ復帰に向けて取り組んでいる状況も間近で学べました。患者数も多く、忙しいですが、今後も患者さんが自分らしく生活していけるように、何が出来るか考え続け、サポートしていきたいです。

2F 透析センター

透析センターは、医師1名・臨床工学士13名(うち4名常駐)・看護師10名・看護助手1名のスタッフで運営しています。当院で継続的に治療を受けている患者さん以外にも、手術や検査が目的で当院に入院した患者さんの透析治療を行っています。看護師・臨床工学技士が協力し、安全に治療が行えるようカンファレンスやミーテイングを行い、情報共有を行っています。フットケア指導士も在籍しており、下肢のトラブルが起こらないようフットケアを行っています。

3F 中央手術室・中央材料室

手術室では~働きやすい手術室を目指して~のスローガンをもとに、2020年度はフレッシュな新人看護師3名を加えて19人のスタッフで始動しています。その中でも男性看護師が5名となり、更に活気がでてきました。

医師・臨床工学技士・病棟や外来などの様々なスタッフと協力し、手術を受ける患者さんが入室から退室まで安全に手術が受けられるように連携をとりながら、~あなたらしく わたしらしく~日々奮闘している手術室です。

看護師紹介

板矢 圭太

幼い頃から手術室看護師に憧れていた私が今では、手術室看護師2年目として働いています。手術室ではあまり患者さんと言葉を交わすことはありません。しかし、私たち手術室看護師は、術前訪問などを通して数少ない患者さんとの会話の中で患者さんの思いを受け止め、入室から退室まで安全で安楽な看護を行えるよう努めています。

「手術」は患者さんにとって、人生で大きな出来事の1つです。その人生の一部を私たちは全力でサポートいたします。

そして、将来的には手術室認定看護師の資格を取得できるよう日々勉強に励んでいきます。

4F 小児科・未熟児室

4A病棟には小児科と未熟児室があります。

スタッフ数は26名。看護師と保育士がいます。新人看護師さんの若さと笑顔、ベテラン看護師さんの包容力と熟練の看護がバランスよく機能できるよう日々の勤務を行っています。入院退院の数が多く、入院期間も4日前後ですが、多くの子供たちとご家族が安心して入院生活が過ごせるよう笑顔とお声がけを心がけています。

未熟児室では母子分離されたご家族への細やかな情報伝達と育児支援をしています。限られた面会時間にはなりますが笑顔で帰っていただけるような看護を心がけています。

保育士の役割も大きく、患児やご家族が少しでも楽しく入院生活を過ごせるよう廊下の飾り等でも活躍しています。

看護師紹介

松崎 百花

入職してから小児科病棟で働き5年目になります。学生指導をする立場となって思い通りに学生に伝わらなかったり、うまく指導できずに悩むこともありますが、指導をしていくなかで新たな発見があったりとやりがいを感じています。私は元々消極的な性格のためリーダーシップを発揮できるよう頑張っていきたいと思っています。小児科では緊急入院が多く展開が早いので看護を提供していくのが難しいですが元気になった子供たちの笑顔をみることができ楽しく働いています。小児だけではなく未熟児とも関わる場面もあります。まだまだ未経験の処置もあり広く看護を行えるよう勉強する毎日です。

4F  産科・婦人科

4階B病棟は、産婦人科を中心とした女性病棟です。新生児から高齢の方が入院の対象になりますので、女性のライフサイクル各期に携わることができる特性があります。助産師・看護師が協働し、入院により出会う女性の健康の回復、保持、増進にむけて、丁寧な看護や助産ケアを心がけています。

助産師紹介

青山 ちひろ

4B病棟で勤務している青山ちひろです。4B病棟は産婦人科病棟になります。H18年に当科に配属になり現在まで勤務しています。

私自身が昨年、当院で分娩しました。分娩時に助産師に精神的にも身体的にも支えてもらい、分娩期に寄り添うことの大切さについて再確認することができました。また、産褥期には疲労がある中、慣れない育児をすることの大変さについて実感し、退院後も継続した支援の大切さについて気づくことができました。育児休暇から復帰後は対象に寄り添った支援が出来るよう、話を傾聴し、その人に合った支援が出来るよう意識して関わるようにしています。

5F  整形外科・泌尿器科・眼科

5病棟は、整形外科、泌尿器科、眼科の混合病棟です。

入院してくる患者さんの多くは、手術を予定しています。特に整形外科では、予測していない急な入院生活となり、回復に向かいつつも、これまで通りの日常生活を送ることが困難となる患者さんもいらっしゃいます。患者さんが少しでも手術による苦痛や今後の生活への不安が少なく、退院の日を迎えることができるよう、より良い看護を目指し話し合うカンファレンスの場を日々大事にしています。カンファレンスは、看護師間だけではなく、患者さんの日常生活援助に関わる介護福祉士や、社会サービスに詳しい病棟担当の医療ソーシャルワーカーも入り行っています。スタッフ一同、退院を迎える患者さんの笑顔を力に、多職種で連携し患者さんや家族が望む生活に近づけるよう努力しています。

看護師紹介

高橋理瑠

昨年の4月より、整形外科、泌尿器科、眼科の混合病棟で勤務しています。入職当初は、慣れない環境の中で不安がたくさんありましたが、職場の皆さんが優しく、丁寧に、ご指導をして下さったおかげで、日々、楽しく仕事に取り組めています。また、急性期病棟であり、手術件数も多く、入院から退院までの経過を見させていただくことができ、退院時に患者さんの元気な姿を見ることで、よりやりがいを感じることができます。大変なこともたくさんありますが、患者さんのために私自身もっと勉学に励み、良い看護を提供できるよう、日々、患者さんとの関わりを大切にしていきたいと思います。

6F  消化器外科・消化器内科・耳鼻咽喉科・総合診療科・腫瘍内科

6病棟は消化器外科、消化器内科、耳鼻咽喉科、総合診療科に、4月から新たに腫瘍内科も加わりました。

急性期の周手術期患者さんと、終末期を迎える患者さんとが入院している病棟です。病期は異なりますが、患者さん個々が抱いている疾患に対する不安や目標に沿った看護を提供するため、患者さん一人一人に寄り添い、この病院で治療を受けて良かったと思って頂けるよう日々努力しています。看護師個々の強みを活かしながら、互いにサポートし、また、看護について熱く語る看護師が共に働いています。

看護師紹介

高杉大悟

第6病棟に所属している高杉大悟です。令和2年に北海道社会事業協会帯広看護専門学校を卒業し、当院へ入職しました。

4月に入職し、わからないことばかりの状態からのスタートでしたが、病院スタッフの皆様に一つ一つ丁寧に教えていただき、出来ることを日々増やしながら毎日を送っています。できることはまだまだ少ないですが、その中で自分にできること、患者さんへの看護を関わりや先輩の助言から考え、患者さんに寄り添った看護を心掛けています。

患者さん、スタッフの皆さんから学ばさせていただいたことを、看護として還元していけるよう頑張っていきます。

7F  循環器内科・総合診療内科・脳神経外科

7病棟は、循環器内科、総合診療内科、脳神経外科の混合病棟です。看護の対象者は、急性期から慢性期まで多様な状態の患者さんです。常に患者さんと家族に寄り添いながら症状の観察だけでなく、退院後の健康管理、生活を見据えた看護が提供できるように、担当医師、リハビリ、薬剤師、メディカルソーシャルワーカーと連携したケアを心がけています。

循環器内科は心臓カテーテルの検査介助も行っています。そのため検査・処置中の患者さんの状態を十分把握し、安全・安楽に検査が行えるよう関わっています。

総合診療科では様々な疾患・症状の患者さんがいるため、看護師も多種・多様な検査や治療に対応しています。後期高齢者の患者さんが多いため、メディカルソーシャルワーカーと協働し地域との連携を目指しています。入院前の生活状況を把握し治療後の生活の質が低下しないよう、カンファレンスで話し合い看護ケアを行っています。

脳神経外科では高次脳障害や運動機能障害を抱えながら生活をする患者さんの気持ちを支えながら、本人・家族の望む退院後の生活や社会復帰を目指してケアを提供しています。

スタッフは新人からベテランまでそろい、パートや時短制度を活用しそれぞれのライフスタイルに合わせた働き方をしています。病棟主催の勉強会も企画し、教育のサポートも行っています。スタッフ一人一人が声を掛け合い協力、相談して看護ができる職場を目指しています。

看護師紹介

長屋 愛菜

第7病棟に所属している長屋愛菜です。上士幌町出身で令和2年3月に北海道社会事業協会帯広看護専門学校を卒業し、同年4月に当院へ入職しました。

臨床の場で働き始め、看護師の「患者さんの命を預かっている」という責任の重さを改めて感じています。日々スタッフの方々に沢山のサポートをしていただきながら、知識や技術の習得を図り、患者さんへ安全・安楽な生活や個別性に沿った看護を提供できるよう努めています。

8F  地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟では、看護師と介護福祉士、患者支援看護師、医療ソーシャルワーカーや理学療法士など様々な職種が協働し、患者様たちの在宅復帰を支援しています。

入院前の日常生活動作や生活リズムに近づけること、退院後も長く在宅で生活できることを目標に関わっており、外来部門、ケアマネジャーや訪問看護師との情報交換にも力を入れているところです。

患者様が楽しみながら離床、リハビリをできるようデイケアを取り入れており、毎週火曜日になると華麗に風船をアタックしたり、カラオケで持ち前の美声を披露している姿を見られるところも8病棟の素敵な特徴です。

介護福祉士紹介

夏田 千晶

ここでの介護福祉士の仕事は、在宅や介護施設へ復帰できるよう生活リズムを整えたり、患者様の必要な生活リハビリを提供しています。

同じ病気や怪我でも「退院後の生活」に向けて事情は異なります。それぞれ患者様の安心・安全な環境とは何かを考えながら接することを心がけています。

レクリエーションも行い、離床機会を増やす取り組みをしています。笑顔も多くみられ、活気の回復も感じることができ、また患者様とのコミュニケーションの場の一つとなっています。常にオンリーワンの対応を心がけながら、患者様と共に退院後の生活を見据えた支援を行っていきたいと思っています。

委員会活動について

看護部医療安全・感染委員会

看護部医療安全・感染委員会では各部署から1名の委員が月1回定例会議を行い、医療安全と感染対策について話し合いを行っています。

今回は6R強化週間・月間についてお知らせします。
6Rとは

  • 正しい目的(Right Purpose)
  • 正しい経路(Right Route)
  • 正しい用量(Right Dose)
  • 正しい患者(Right Patient)
  • 正しい薬剤(Right Drug)
  • 正しい時間(Right Time)

以上6つの頭文字のRをとって言います。6Rを確認して、安全な医療行為を行います!!
看護師がマスクに、6月29日から7月5日まで6Rと書き、キャンペーンを行いました。

写真は7Fのピカピカの新人看護師達です。見えにくいですが、人差し指の先に6Rと書いてあります。
今後も様々な活動を通して安全な看護ケアを提供していきます。

看護記録委員会

目的

看護の質向上に向けて、継続看護に繋がる看護記録、個別性のある看護計画の充実を図る。

活動方針

  1. 看護記録記載基準の見直し
  2. 看護記録記載基準に基づいて、患者情報が得られているかの監査の実施
  3. 提供した看護の妥当性と根拠のある看護記録がされているのか監査の実施
  4. 個別性のある看護計画が立案でき継続看護に繋がっているかの監査の実施
  5. 看護記録の時間短縮を図るための検討

看護記録委員会では、今年度電子カルテの更新に伴い看護記録記載基準の見直しを行い、患者さんを生活者としての視点でとらえるための情報収集を行い、継続した看護を提供できるよう記録の監査を行い指導しています。

教育委員会

教育委員会は、看護部教育方針、教育目標に沿った看護師の育成を目指し、各部署の師長、または、副師長が委員となり、計12名で年間の教育計画の立案、研修企画、実施、評価を行っています。
研修への取り組みは、準備に追われ、実施する苦労もありますが、研修参加者の成長や終了後の達成感、充実感を得る姿を見るのを楽しみに、委員一丸で頑張っています。
現在は、これまでの研修を見直し、スタッフが研修で得た学びを活かせるよう集合研修と連動させ、部署内で成果を出す実践研修を取り入れています。
師長、副師長が教育委員となっているため、研修参加者を日々、一番近くで見守り、各部署で研修での学びが実践されるようサポートしています。教育委員として、師長、副師長が教育に携わり、個々の強みを活かし、互いに認め合い、共に成長できる教育委員会となるよう、日々、努力しています。

業務検討委員会

看護部業務検討委員会では「患者、家族に安全・安楽かつ効果的な看護を提供するために、看護業務の標準化、円滑化を行い看護の質の向上をはかる」を目的にみんなが幸せになれるよう活動しています。メンバーは15名の個性豊かな精鋭ぞろい。委員会で検討した内容をまずは委員で実践、不具合がないか確認したのち各部署で実施としています。

前年度の繰越課題もありますが和気あいあいと意見を出し合い、楽しみながら業務改善に取り組んでいます。

実習指導委員会

当院では大学・専門学校複数の臨地実習を受け入れています。各校の教育方針に基づき、学生の実習効果をあげるため、実習支援や実習環境に関わる事項を検討し、また臨床指導者と互いに成長できる関わりを持つことができるよう活動しています。

各校との連携を図るための会議の実施や臨床指導の担当になったスタッフへの研修会の実施、また臨床指導担当以外の全職員対象にも近年の後輩育成についての院内研修を実施し職員全員で後輩の育成に力を入れています。

新人研修委員会

新人研修委員会は、新卒看護師を対象に厚労省の新人看護職員研修ガイドラインを基に年間を通して集合研修の企画運営を行っています。中でも企画・運営のピークは4月から6月で、新卒看護師が職場に適応できるよう月に2回から4回の研修が開催されます。この時期の委員会はとても多忙になりますが、皆、研修のサポートをしながら新卒看護師とのふれあいを心から楽しみにしています。研修者からの満足度も高く、今後も実践に活かせる研修会として機能できるよう、委員会と各部署の力を合わせていきたいと思います。

認定看護師の紹介

がん化学療法看護認定看護師
西川 真紀

外来化学療法室は、がんやリウマチなど長く病気と共に生活を続ける患者さんたちに、入院することなく点滴治療を受けてもらうための部署です。
いわゆる抗がん剤には様々な副作用があり、治療と生活を両立するためには副作用とうまく付き合いコントロールしていくことが大切です。点滴には時間がかかりますので、その間に色々なお話しをして、患者さんが副作用へ自分なりに対処できるよう情報提供などの支援を行なっています。
治療しながら、その人らしい生活を維持・継続できることを目指しています。

感染管理認定看護師
山下 亜矢

2014年より感染管理認定看護師として、患者さん、ご家族、ご面会の方、病院で働く職員など、病院に出入りする全ての人を感染から守り、医療や看護の質の向上を図ることを目指し、組織横断的に活動しています。

患者さんとご家族のその人らしさを支える看護の大切さ・素晴らしさ・難しさに日々気づかせて頂きながら、感染管理認定看護師として自身にできることは何か勉強の毎日です。患者さんに安全・安心な医療を提供できるよう、職員一丸で感染予防に取り組む風土も醸成されつつあり、頼もしいチームの仲間たちと楽しく仕事をさせて頂いております

緩和ケア認定看護師
松本 めぐみ

2020年4月より勤務しております。

“がんと診断されてもその人らしい生き方ができることを支える看護”を目標に、「緩和ケアチーム」改め『がんサポートチーム』のチームメンバーの一員として、がん患者さんとご家族、そして、看護スタッフの皆さんのサポートをさせて頂いております。

患者さん・ご家族と関わるにあたり、スタッフの皆さんと一緒に、“患者さん・ご家族の理解者=分かってくれる人”となり、寄り添う看護の実現、患者さん・ご家族のQOLとスタッフの看護の質の向上を目指して、活動しております。

皮膚・排泄ケア認定看護師
小林 和則

皮膚・排泄ケアとはストーマ(人工肛門)患者さんへの看護の提供や、褥瘡(床ずれ)の予防や看護を専門にしています。当院ではストーマ造設手術をされた患者さんに対して、入院中だけではなく退院後もストーマ専門外来でケアの継続フォローを行っています。

また、院内における褥瘡発生予防と早期の回復治癒の充実を目的に活動をしています。

地域活動では主に十勝圏の医療機関を中心に情報交換や看護技術の講演会や研修会の実施も行い、院内だけではなく十勝医療圏の皮膚・排泄ケア分野における看護の充実を目的として活動しています。

お仕事の流れ(1日の流れ)


拡大して見る
ページの先頭へもどる