画像診断科

画像診断科について

画像診断科では、一般撮影や胃バリウム検査、CT、MRI、核医学検査、血管造影検査・治療などを行う部門です。
当科では、安全に検査をし、質の高い画像情報の提供を行うことを心掛けております。
検査内容や放射線についての疑問・質問がありましたら、お気軽にお問合わせ下さい。

診療放射線技師の資格認定保有者数

  • 検診マンモグラフィ撮影診療放射線技師  5名
  • 胃がん検診専門技師  5名
  • 胃がん検診読影補助認定技師 3名
  • 胃がん検診読影部門B資格 4名
  • 医療情報技師 1名
  • X線CT認定技師  4名
  • 核医学専門技師  1名

各検査一覧

一般撮影

FUJIFILM製FPDを導入し、高画質かつ線量低減に努めて検査を行っています。小児の胸部・腹部撮影においては、できるだけ短時間で良好な撮影ができるようにファンテクサという専用の装置を用いて撮影を行っています。

CT検査

CANON製AquilionONEを導入しています。当院の検査だけではなく、地域病院と連携しており、他院から依頼された単純CT撮影、造影CT撮影や冠動脈CTA・脳血管CTAの撮影も行っています。

MRI検査

HITACHI製ECHELON Smart 1.5T、Canon製Vantage Titan3Tの2台を導入しています。ECHELON Smart をメインで使用し、Vantage Titan3Tでは専用のコイルを使用し膝・肩を中心に稼働させています。

乳房撮影検査

TOSHIBA製Pe・ru・ruを導入しています。当院のマンモグラフィ検査は、認定保有している女性技師のみで撮影を行っています。また、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しており、精度の高いマンモグラフィ撮影を行うための画質管理や装置の日常点検も行っております。

X線TV検査

CANON製Astorex i9、TOSHIBA製ZEXIRA FPD1717の2台を導入しています。両装置ともFPDを搭載しており、広い視野でより鮮明な画像を得ることができます。

核医学検査

SIEMENSsymbiaを導入しています。主に骨シンチグラフィ、心筋血流シンチグラフィ、脳血流シンチグラフィを行っております。骨シンチグラフィでは全身撮影の他に体幹部だけを回転させて撮影するWhole Body SPECT、心筋血流シンチでは心電図同期撮影を行い3D処理による心機能評価を行っています。

血管造影検査

Canon製 Alphenix skyを導入しています。主に、循環器科の心筋梗塞や狭心症などの検査・治療を行っていますが、外科・消化器科・脳神経外科のIVR検査・治療にも使用しています。

新規導入機器一覧

CT装置

2022年3月より、人工知能(AI)を搭載したキヤノンメディカルシステムズの新世代320列Area Detector CT(ADCT)である「Aquilion ONE / PRISM Edition」(キヤノンメディカルシステムズ)の運用を開始しました。

この装置は、0.5mmの検出器を320列配置することで一度に多くの断面が撮影可能であり、例えば幅が16cmの臓器であれば一回転(最速0.275秒)で撮影が可能となりました。

また、人工知能(AI)を用いた画像再構成技術により、低線量でも診断に適した高精細な画像を得ることが可能となりました。

X線TV装置

2022年4月より、最新鋭デジタルX線TVシステムである「Astorex i9」(キヤノンメディカルシステムズ)の運用を開始しました。

この装置は、従来の装置よりも天板左右動は±15cm可能となり、広い視野範囲となりました。従来の使用に加えてトモシンセシス機能「i-slice」を搭載し、2次元での診断情報に加え、奥行き方向にスライス情報を持ったデジタル断層撮影が可能となりました。

また「i-fluoro」機能により、天板や映像系(X線管-FPD)の機械的な動作を行うことなく透視中に必要な視野への移動が可能になったことで、内視鏡検査でスコープが体内に入っている状況や椎体穿刺など穿刺の手技において、患者さんへの振動がなく視野移動が可能となり、より安全な検査環境を提供することができるようになりました。

SPECT/CT装置

2022年3月より、SPECT装置(体内に微弱な放射線を出す検査薬を投与し画像化する装置)とCT装置が一体化したSPECT/CTである「Symbia Intevo」(SIEMEMS)の運用を開始しました。

一体化することによってSPECTの画像低下を補正し、さらに有用な情報を提供することができます。

CT装置としても最新鋭の技術を搭載した装置であり、検査室を移動することなくCT検査も可能となりました。

最新移動型透視装置

手術室用外科用イメージ装置が2021年6月1日より一体型モバイルCアーム装置(GEヘルスケア社 OEC One CFD)に更新されました。透視画像用のモニタがCアームと一体になっているため、従来型のモニタ台車が不要となり、省スペースで設置ができますので、狭い手術室での運用がしやすくなりました。

当院では初めてフラットディテクタ型(CMOS)の移動型透視装置を導入しましたので(従来はイメージインテンシファイア型:電子管型)、手術場においても解像度の高い画像を低線量で表示できるようになりました。また、ワイヤレスのフットスイッチになり、余計なケーブルが減りオペ周りの安全性を高めています。

※一般社団法人日本損害保険協会から自賠責運用益拠出事業により、自動車事故の被害者救済のための救急医療器機整備をしたものです。

高機能X線撮影システム

第2撮影室が2019年8月13日より高機能X線撮影システム(島津メディカルシステムズ社 RADspeed Pro)に更新されました。ポジショニングの時に使用する照射ランプがLEDに変わり、非常に見やすくなり位置合わせをしやすく、X線管の最下点が200mmまで下げることが可能となり、整形外科の立位撮影などで使いやすくなっています。

「撮影準備完了」、「撮影」などを、コンソールとハンドスイッチが色とサウンドでお知らせでき、動きやすい患者さんから目を離さずタイミングをはかれるようになりました。また、当院で使用している富士フィルム社製FPD装置との間で、撮影プログラムの受信および撮影条件の送信が可能で、撮影時間の短縮にも繋がっています。忙しい撮影室において、仕事効率アップが期待できる装置です。

また、当院で使用している富士フィルム社製FPD装置との間で、撮影プログラムの受信および撮影条件の送信が可能で、撮影時間の短縮にも繋がっています。忙しい撮影室において、仕事効率アップが期待できる装置です。

※一般社団法人日本損害保険協会から自賠責運用益拠出事業により、自動車事故の被害者救済のための救急医療器機整備をしたものです。

ページの先頭へもどる