スポーツ医学センター

外来診療表

午前 ◎渡邊 (第1週)
◎大坪 (第1週)
◎神谷 (第3週)
午後 完全
予約
成田
(15時開始)
松村
(15時開始)
成田
(15時開始)
松村
(15時開始)
※神谷
16時開始
不定期

■第2・第4土曜日休診
※の医師は不定期です。
※ 初診時は、整形外科予約外を受診してください。
※ スポーツ医学センターの診療は完全予約制です。ですが、診療順番は受付順となっています。
スケジュールは変更になることがあるので、整形外科外来にご確認下さい。
専門外来のスケジュールは整形外科外来にお問い合わせ下さい。

◎の医師は非常勤医師のため、予定が変更になることがありますのでご了承願います。

□医師は下記の通り不在になりますので御了承下さい。
▼R2年8月11日(火)~15日(土)成田医師、出張のため不在となります。

スポーツ復帰までのサポートと地域の健康増進を目指して

  • 幼少期から高齢期までのスポーツ愛好家やトップアスリートの方を対象としています。
  • 札幌医科大学整形外科および保健医療学部理学療法学科と連携しながら、医師と理学療法士、看護師が密に関わりサポートします。
  • 身体機能を評価し、個々の状況や能力に応じた治療・リハビリテーションプログラムを提供し、再発予防に努めます。
  • トップアスリートに対する治療経験を生かし、さらなる競技力向上と地域の健康増進を目指します。

主な対象疾患

肩関節野球肩,肩関節唇損傷,腱板損傷,肩関節脱臼
肘関節野球肘,テニス肘,肘関節脱臼
手関節TFCC損傷,舟状骨骨折
脊柱筋筋膜性腰痛,腰椎分離症,椎間板ヘルニア
骨盤・股関節・大腿部グローインペイン症候群,股関節唇損傷,肉離れ(ハムストリングス, 大腿直筋,股関節内転筋群
膝関節膝前十字靭帯損傷,膝後十字靭帯損傷,膝内・外側側副靭帯損傷,半月損傷,オスグッド病,膝蓋下脂肪体炎,膝蓋骨脱臼
下腿部・足関節・足部脛骨疲労骨折,シンスプリント,アキレス腱断裂,足関節捻挫,踵骨骨端症,中足骨疲労骨折,足底腱膜炎,有痛性外脛骨障害

※疾患やスポーツ選手サポートの参考サイト >> https://spor-web.com

スタッフ(2020年度)

スポーツ医学センター長:松村 崇史
常勤医師       :成田 有子、 佐治 翼、 塩泡 孝介
非常勤医師      :渡邉 耕太、 大坪 英則、 神谷 智昭
専門外来医師     :廣瀬 聰明(肩)、 小笹 泰宏(肘)、 舘田 健児(股)  
            、宮川 健(脊椎)
非常勤理学療法士   :片寄 正樹、 河合 誠、 戸田 創、 加藤 拓也、 廣田 健斗
常勤理学療法士    :当院理学療法士

スポーツリハビリテーション受付時間

平日15:00~18:00
土曜日9:00~11:40

※ 完全予約制です。
※ 業務の都合上、待ち時間が出ることがあります。
※ 業務の都合上、担当者が変更になることがあります。

⾃主臨床研究「スポーツ患者に特化したデータベース管理システムを⽤いた前向き疫学研究」について

2020年4月より「スポーツ患者に特化したデータベース管理システムを⽤いた前向き疫学研究」を開始いたします。

スポーツ傷害の発症機序は⾮常に複雑であり、スポーツの本質を捉えつつ傷害を予防するということは⾮常に難しい問題です。スポーツ傷害の発⽣には多岐にわたる要因が関係しており、各スポーツ競技によりアプローチすべき要因が異なります。そのため、傷害予防研究には、膨⼤なデータの蓄積が必須です。そこで、移動体通信端末およびICT (Information and Communication Technology) を活⽤することにより、スポーツ傷害に特化したクラウド型データベースシステムを構築し、得られたビッグデータからスポーツ傷害予防・医科学研究を⾏うことでスポーツ医療の発展に寄与したいと考えています。

外来を受診したスポーツ傷害患者の背景と診断名を移動体通信端末で⼊⼒し、その情報をデータベース上で管理するシステムを構築致します。さらに、このシステムを⽤いてスポーツ傷害を前向きに研究・解析し、スポーツ傷害予防と治療効果の向上に還元することを⽬的とします。

試験に参加された場合、カルテなどが試験中あるいは試験終了後に調査されることがありますが、個人から得られたデータが、報告書などで特定されることはありません。
またこの登録は患者さんの自由な意思により、拒否することが可能です。

詳細は以下のリンクよりご確認ください。

登録データ削除申請書フォーム

ページの先頭へもどる