教育制度

看護部教育目的

看護部では、看護部倫理に照らし合わせ、質の高い看護を提供しうる看護師の育成を目指します。地域住民の健康レベルの維持及び向上のために貢献できる人材の育成を目指します。

教育目標

  1. 看護の実践家を育て、自律(立)的に行動できるジェネラリストを育成します。(自己成長力の育成も含む)
  2. 看護に必要な共感力を磨き、優しく温かみのある看護提供ができる看護師を育成します。
  3. 患者の健康問題を解決するのに必要なアセスメント能力の強化及び問題解決思考が出来る看護師の育成を行います。
  4. 地域との連携を図り、切れ目のない継続看護が実践できるための交渉力・調整能力を持つ看護師を育成します。

新人看護職員研修

目的

  • 医療安全・感染の視点を踏まえた看護ケアを提供するための臨床技術を習得する
  • 協会病院の一員としての自覚を持ち、専門職能人としての職場適応が図れる
  • 学ぶ姿勢を身につける

目標

  • 日常生活援助に必要な基本技術・態度を身に着け安全・安心な看護ケアが体験を通して実践できる
  • チームメンバーの役割を自覚し誠実さと責任を持った行動が出来る
  • 集合研修から知識を得ることで協会病院の一員としての自覚を持てる

新人研修年間計画書

新人研修委員会は病院全体で新人を育てることを目的に研修を企画・運営しています。
今年度は看護部に27名の仲間が増えました。そのうちピカピカの1年生は18名です。

この2カ月で行った研修について少しご紹介したいと思います。ドキドキの採血・注射、頭を悩ませた電子カルテ、みんなで汗を流した移送・移乗、初めて医療機器に触れた輸液・シリンジポンプなど盛りだくさんな内容の研修を行ってきました。

これからも委員会では、さまざまな研修を企画しています。

新人さんをみんなで育てていきましょう。OJTでさらなる成長を支えてください。

看護部継続研修

看護部では2020年度から帯広協会病院看護職キャリアラダーを導入しました。

帯広協会病院看護職キャリアラダーは、「実践能力の高いジェネラリスト・病院の使命を理解し組織横断的に協働できる看護師・他者への配慮ができる看護師・自主自立(自律)、自己研鑽できる看護師」の育成を目指して、JNAクリニカルラダーに組織的役割遂行能力、自己成長・研究的視点を含んだ構成となっています。看護師自身の自己成長を、組織的に支援するためのツールとして継続教育に組み込んでいます。

下記にラダーレベル毎の到達目標や、当院看護部の基軸となる教育研修とラダーレベルに応じた研修など、帯広協会病院看護教育全体の枠組みについて図表にしていますのでご覧ください。

ページの先頭へもどる